宇田 賢一

教授

宇田 賢一

Uda Kenichi

日本生命()入社、株式投資部門中心に勤務後、日本ベンチャーキャピタル()取締役投資部長、事業創造キャピタル()代表取締役と約25年に亘りベンチャービジネスへの投資・支援活動に携わる。この間数百社のベンチャービジネスへの投資及び支援活動にかかわり、100社近い会社が上場するとともに多くの企業の倒産も間近で体験する。

常勤及び非常勤を含め多数の会社の取締役及び監査役を勤める等ベンチャービジネスの経営について、極めて実践的で実務的な知識・ノウハウ・経験を有する。

氏 名

宇田 賢一

現 職

事業創造大学院大学新潟地域活性化研究所特任教授

学歴・学位

大阪市立大学法学部卒業(法学士)

職 歴
1972年 日本生命保険相互会社
1996年 日本ベンチャーキャピタル株式会社投資第3部長
2002年 同社取締役投資部長兼投資管理部担当
2007年 事業創造キャピタル株式会社代表取締役社長
2010年 新潟ベンチャーキャピタル株式会社会長
2009年 事業創造大学院大学事業創造研究科教授
2012年 事業創造大学院大学事業創造研究科研究科長
2017年 事業創造大学院大学新潟地域活性化研究所特任教授(現職)
2018年 株式会社ブイテクノロジー社外監査役(現職)
教育に関する活動

同志社大学大学院商学研究科非常勤講師

19971999年「ベンチャーコース」担当

-講義内容「事業計画書の書き方」、「日本のベンチャービジネス・ベンチャーキャピタル」、「資本政策案」、「失敗事例研究」、

2000~2002年「ワークショップ」担当

講演実績
  • 監査法人トーマツ
    -「IPOとベンチャーキャピタル(以下VCという)の役割」、「投資したくない会社(倒産事例概観)」
  • TFP税理士法人(2000年)-「企業経営者にとってのVC活用法」
  • 優和税理士法人(2000年)-「VCの投資・育成支援の実態」
  • 京都商工会議所(2001年)-「ベンチャー企業の金融」
  • 立正大学(2003年)-「VCの役割」
  • BMC税理士法人(2001~2003年)
    -「CFO養成講座-事業計画書の書き方、ベンチャー企業の金融」
  • 新潟経済同友会(2012年)-「ベンチャービジネス支援―育成と共生」
現在所属の学会等

日本ベンチャー学会

生活経済学会

金融プラスフォーラム研究会(顧問)

投資・支援実績

<19962005(日本ベンチャーキャピタル)>

  • 投資責任者として、すべての企業にかかわる投資社数総数 約400社 IPO 88社 (たとえば、アイ・ユー・ケー、クリークアンドリバー、鷹山、ベルパーク、インテックコミュニケーション、インプレス、 メンバーズ、等々)
  • 倒産 50社程度
社外役員等実績
  • 株式会社BJリーグ(未上場) 常勤監査役 (2009~2012年)
  • 株式会社アクセスビギン(未上場) 非常勤取締役 (2013~2014年)
  • 株式会社フュージョンズ(未上場) 常勤監査役 (2015~2016年)
  • 株式会社ブイ テクノロジー(1部上場) 社外監査役 (2018年~)
このページのトップへ